TECHNIQUE

  • ハードフェイシング
  • 肉盛溶接

ハードフェイシング

ハードフェイシングとは、製品の構成部品の耐久性を向上させるために、溶接や溶射といった方法で、製品構成部品に耐磨耗・耐食・耐熱性の金属層を形成する技術のことです。

ウェルディング三季はココが強い!

部品の寿命を大幅に伸ばし、コスト低減、省力化、高効率化、環境負荷低減など効果が得られます。

ステライトやコルモノイ、トリバロイなどの表面改質が主業務となり、蓄積したノウハウから問題解決へのご提案、表面改質のみならず加工仕上げまで対応致します。

ステライト溶接、コルモノイ溶接、ハステロイ溶接について

当社では、金属製品の使用目的や用途にあわせ、ステライト、コルモノイなどの肉盛溶接をしています。

ステライトとは
ステライトはコバルトが主成分の硬質な合金で、耐磨耗性・耐食性・耐高温酸化性に優れています。 また、耐熱性があり、耐摩耗性にも富んでいます。コバルトを主成分としハードフェース・肉盛溶接に用いられ、ステライトと同様に用いられる金属に、耐摩耗性と耐食性に優れたトリバロイなどがあります。
コルモノイとは
ニッケル合金がベースの、極めて優れたハードフェース用の合金で、耐摩耗性と耐食性にも優れています。米国ウォールコルモノイ社が開発しました。

肉盛溶接のことなら
ウェルディング三季

〒587-0012 
大阪府堺市美原区多治井249-2

TEL:072-363-2743
FAX:072-363-2744

大きな地図で見る

▼お車でお越しの場合▼
阪和自動車道 美原北ICから
一般道を約500m